注目されている大光銀行のサービス

大光銀行の相続対策ローン

現代は高齢者が増えた影響で遺産相続や生前贈与の取引が多く、金融機関で相続対策を行う人も多いです。王道なのは教育資金または結婚資金の贈与税非課税措置や、利益が非課税になるジュニアNISAなどを利用して資産を非課税で遺す方法です。しかし大光銀行ではそれらと異なる相続対策商品を取扱っています。その名も相続サポートローンといい、相続税や相続手続きの費用など相続に関わる資金のためのローン商品です。

相続対策というと相続に関する資金を非課税にするのが一般的ですが、誰もが非課税措置や非課税商品を使えるわけではありません。これらの金融サービスは資金使途や金額に制限がありますし、司法書士や税理士を雇った場合の費用までは非課税にならないという問題点があります。そこで便利なのが大光銀行の相続サポートローンです。相続に関する各種費用を借り入れることができ、資金使途の対象が幅広いというメリットがあります。

大光銀行の相続サポートローンは借入金額が最高1000万円、返済期間も最高20年と充実しており、相続税と司法書士や税理士の費用どちらも工面することができます。適用金利は変動金利タイプで、短期プライムレートに連動して変動します。固定金利に比べると利息が安定しませんが、プライムレートが下がると利息および返済額が減るため、金利動向によっては固定金利よりもお得です。さらに借入金額の割に条件と審査基準が緩めで、サラリーマンなど若い層の利用も少なくありません。

相続税は延納してローン返済のように分割納付することもできます。しかし相続財産のうち不動産が占める割合に応じて延納期間や利息が決まるので、不動産の割合が少ないと延納期間と利息がキツくなってしまいます。不動産投資を行って資産を不動産に変えれば負担を軽減できますが、相続税が節約できても投資に失敗しては意味がありません。どちらにしてもリスクがあるため、相続税の延納と相続サポートローンそれぞれの条件を比較して、自分に合うほうを検討しましょう。

初心者のための南日本銀行

注目されている大光銀行のサービス

ネット銀行の定期預金