初心者のための南日本銀行

南日本銀行のキャッシュカード

南日本銀行に口座開設すると通帳と一緒にキャッシュカードが発行されます。キャッシュカードはATMを利用して南日本銀行の商品を取引するために用いるもので、通帳や印鑑がなくても本人確認ができます。通帳は記帳することで口座残高を確認できるというメリットがありますが、キャッシュカードは財布に入るサイズなので持ち歩きしやすいというメリットがあります。状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

南日本銀行は小規模の地方銀行なので専用ATMの設置範囲と設置数に少し難があるのですが、南日本銀行のキャッシュカードを使うと提携金融機関のATMを利用することができます。南日本銀行と提携金融機関のATMを合わせるとかなりの数になります。南日本銀行のキャッシュカードを持ち歩いていれば、外出先で専用ATMを探し回らずに済むというメリットがあるのです。ただし南日本銀行の専用ATMに比べると、提携金融機関のATMは利用手数料がかさむ傾向にあるのでコスト面では注意が必要です。

一時期、キャッシュカードの情報を盗んで預金口座のお金を不正に入手する詐欺が問題になりました。キャッシュカードとパスワードが流出すると預金口座のお金を第三者に盗まれてしまう恐れがあるため、キャッシュカードのセキュリティ能力はとても重要です。南日本銀行では通常のキャッシュカードとは別に、ICチップを搭載してセキュリティを強化したICキャッシュカードも発行しています。ICチップが搭載されていると偽造や不正読み取りが困難になるため、キャッシュカードを狙った犯罪に絶大な効果があります。

一方でキャッシュカードを紛失する利用者も少なくありません。不正利用を防ぐためにも速やかな対応が大切です。紛失に気付いたら営業日のうちに南日本銀行に連絡して、名前や紛失物を申請しましょう。通帳や本人確認書類を持って窓口に行くと、キャッシュカードを再発行してもらえます。しかしカード発行手数料がかかるので、なるべく紛失しないように気をつけましょう。

初心者のための南日本銀行

注目されている大光銀行のサービス

ネット銀行の定期預金

優遇金利が魅力の敦賀信用金庫