きのくに信用金庫の質の高いサービス

きのくに信用金庫の地域金融円滑化への取り組み

きのくに信用金庫は地域金融機関として積極的に地域金融円滑化に取り組むことを基本方針としています。金融円滑化とは中小企業金融円滑化法の施行に伴って行われてきた取り組みで、金融機関が円滑な資金供給や貸付条件の変更に努めることを指します。中小企業金融円滑化法自体は2013年に期限を迎えましたが、その後も全国の金融機関が継続的に金融円滑化に取り組んでいます。「中小企業」金融円滑化法という名称ではありますが個人利用者も決して対象外ではなく、多くの金融機関が住宅ローンなどの融資商品の貸付条件の変更を積極的に受け付けています。

きのくに信用金庫は金融円滑化のための体制強化を行っています。たとえば金融円滑化推進委員会や金融円滑化推進チームの設置、借入条件の変更に関する苦情相談を受け付けるための相談窓口の設置、円滑な資金供給と経営改善支援を行うための経営相談室の設置、現場職員に対する目利き研修の実施を行っています。本支店の店舗窓口でも普段から金融円滑化に関する相談や申込みを受け付けており、融資商品の返済方法や返済額の変更について相談することができます。

複数の金融機関から借入を行っている利用者だと貸付条件の変更が困難な場合がありますが、きのくに信用金庫は他の金融機関や信用保証協会などと緊密な連携を行うことで確実に課題を解決しています。利用者の同意を得た上で関係機関と情報照会などを行い、慎重に貸付条件の変更を行っているのです。ただし、きのくに信用金庫の融資商品の中には複数の融資商品の一本化や借換に利用できる商品があるため、場合によっては貸付条件の変更だけでなく、それらの融資商品を活用すると効果的です。

きのくに信用金庫の金融円滑化の特徴は、資金供給や貸付条件の変更だけでなく経営改善支援にも力を入れていることです。たとえば前述の経営相談室では経営改善計画の策定や進捗状況の分析を行っており、中小企業の経営改善を手厚く支援しています。そのため融資以外の課題を抱える中小企業も、積極的に相談を行うことができます。

初心者のための南日本銀行

注目されている大光銀行のサービス

ネット銀行の定期預金

優遇金利が魅力の敦賀信用金庫

個人から法人まで利用できる館林信用金庫

きのくに信用金庫の質の高いサービス