初心者のための南日本銀行

南日本銀行の外貨預金

南日本銀行では円預金だけでなく、外貨預金も利用することができます。外貨預金とは円を米ドルなどの外貨に交換して口座に預ける資産運用向け商品です。といっても事前に外貨を用意する必要はなく、預けた円が自動的に外貨に交換され、満期日になると再び円に交換し直されるという仕組みです。わざわざ外貨に交換して預けるメリットは、為替差益という利益を得られることです。為替差益は利息とは別に受け取れるため大変重宝されています。

為替差益の仕組みを説明すると、たとえば為替相場が1ドル100円のときに1000円をドルに交換して預けると、10ドルになります。しかし為替相場が1ドル110円に変動してから払い戻すと、同じ10ドルでも円換算では1100円に増えています。この100円の差額が為替差益です。1ドル100円から1ドル110円になることは円安といい、外貨預金では預入時よりも払戻時の為替相場が円安だと為替差益を得ることができます。逆に円高になると円換算の金額が減ってしまい、元本割れしてしまいます。

理屈は分かっても、確実に為替差益を得るには為替相場の動きを読まなければならず、初心者には困難です。そのため最初のうちは好きなときに払い戻しができる南日本銀行の外貨普通預金がオススメです。為替相場が円安になったタイミングを見計らって払い戻すことで、初心者でも高確率で為替差益を得ることができます。金融機関によっては払戻時の為替相場を事前に予約して、為替変動のリスクを回避するサービスを行っている場合もあります。

外貨預金は通貨交換の際に為替手数料を支払う必要があります。通貨によって手数料の金額は異なりますが、交換する元本が多いほど手数料も増えてしまいます。いきなり多額のお金を預けると金利による利息や為替差益以上に為替手数料がかさんでしまう可能性があるので、少額から預けるとよいでしょう。南日本銀行の為替手数料はキャンペーンで割引されることもあります。キャンペーンが待てないならば、各種利用手数料が安いネット銀行やネット証券を使うとよいでしょう。

初心者のための南日本銀行

注目されている大光銀行のサービス

ネット銀行の定期預金